村田のお金の使い方

節約術などお金に関することを紹介します

【はじめての】S&P 500【投資信託】

f:id:muramura0220:20190519234151p:plain


投資のリスクを抑えたい人におすすめの投資信託を紹介します。

「S&P500」に連動した投資信託です。

投資信託はじめての人にも分かりやすく解説します。

 

S&P500とは

S&P500はアメリカの代表的な株価指数です。

アメリカの代表的な500銘柄の株価を基に算出される、「時価総額加重平均型株価指数」というものです。TOPIXと同じですね。

 

スタンダード&プアーズ社(SPGI)が500銘柄を選定、1941年から1943年における平均指数を10として算出されています。

 

このS&P500を買うにはS&P500連動のインデックスファンドを買います。

インデックスファンドとは

「S&P500」や「日経平均株価」などの指数(インデックス)に連動する投資信託(ファンド)のことです。

 

個別に株を買うのではなく、いくつもの会社全体を買うイメージです。

 

個別に株を買うと、大きく株価が下がるかもしれませんし、その会社が突然潰れてしまうかもしれないですね。

ですが500社を買っておけば、一社が潰れても大して影響を受けません。リスクを抑えることができます。

 

S&P500がおすすめな理由

なぜ、日本株の「日経平均株価」や「TOPIX」ではなく、アメリカ株「S&P500」なのか。

それは、ずっと右肩上がりなんです。

 

「S&P500 長期チャート」などでググればチャートが出てきます。

 

「日経平均株価」は長期でみて上がったり下がったりして、未だバブルを超えていません。

「S&P500」は長期でみて右肩上がりです。2008年のリーマンショックをみても短期的に下落しますが、長期でみると上がっています。

 

「S&P500」なら長期間保有するとほぼプラス収益になります。なにも考えずに持ってるだけでいいんです。

 

S&P500の年平均利回り

保証はできませんが、過去の実績をみると、

  • 過去10年で約7%
  • 過去20年で約8%
  • 過去30年で約10%

となっております。

 

S&P500連動の投資信託

商品名 信託報酬(税抜き)
eMAXIS Slim 米国株式 (S&P500) 0.16%
iFree S&P500インデックス 0.225%
iシェアーズ 米国株式インデックス・ファンド
(ブラックロック・ジャパン)
0.375%
米国株式インデックス・ファンド
(ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ)
0.45%

 

信託報酬の低いファンドを選びましょう。

 

S&P500連動のETF

商品名 信託報酬(税抜き)
上場インデックスファンド米国株式(S&P500)(1547) 0.16%
SPDR S&P500 ETF (1557) 0.0945%
iシェアーズ S&P 500 米国株 ETF (1655) 0.15%
上場インデックスファンド米国株式(S&P500)
為替ヘッジあり (2521)
0.15%

 

信託報酬の低いファンドを選びましょう。

 

まとめ

日本株の「日経平均株価」や「TOPIX」より、断然アメリカ株の「S&P500」のほうが安定してます。

指数に連動したファンドの多くは手数料も安く、簡単に投資できます。