村田のお金の使い方

節約術などお金に関することを紹介します

自動車保険を見直す【節約】

f:id:muramura0220:20190427191044p:plain

自動車保険、車を購入した販売店に勧められるがまま入ってませんか。

保証内容を把握していますか。

不要な保険をつけていませんか。

無駄をそぎ落としましょう。

「自動車保険」

自動車保険は2種類あります。

自賠責保険」と「任意保険」です。

 

自賠責保険」は法律で加入が義務付けられている「強制保険」です。

保険会社による差はないので、どの保険会社で入ってもよいです。

 

自賠責保険の保障の範囲

自分の身体や車、相手の車、物に対しての保証は一切ありません。

相手の身体への保証のみとなります。

  

傷害 120万円

死亡時 3,000万円

後遺障害時 4,000万円

 

損害額が数億にもなりえるので、「任意保険」に加入する必要があります。

「任意保険」を見極めていきましょう。

 

任意保険の保証内容

任意保険の保証内容は以下の通りです。

  • 対人賠償責任保険
  • 対物賠償責任保険
  • 人身傷害保険
  • 自損事故保険
  • 無保険車傷害保険
  • 搭乗者傷害保険
  • 車両保険

 

項目内容ごとに解説します。

対人賠償責任保険

自動車を運転している際の事故などにより、相手にケガをさせたり死亡させたりした場合に相手への賠償として治療費や慰謝料などを補償してもらえる保険です。

 

過去の判決で認定損害額が数億になった例(死亡、後遺)もあります。

保険金額は「無制限」にしましょう。

 

対物賠償責任保険

相手のモノ(車や家屋、ガードレール、信号、壁等々)を壊して損害を与えた場合において補償してもらえる保険です。

 

過去の判決で認定損害額が数億になった例(パチンコ店や電車が被害)もあります。

保険金額は「無制限」にしましょう。

 

人身傷害保険

自分や同乗者がケガをしたり死亡したりした場合の治療費や休業損害などを補償してくれる保険です。

保険金額は「3,000万円」程度で十分と思われます。

 

自損事故保険

電柱に衝突してしまった場合など、事故の当事者が自分だけで、相手方が存在しない単独での事故の場合に、治療費などを補償してくれる保険です。

ほとんどの保険会社で自動付帯となっています。

 

無保険車傷害保険

自分に対して補償をする事故の相手が「自動車保険に入っていない」「補償内容が不十分」な場合に治療費や休業損害などを補償してくれる保険です。

保険会社によって自動付帯となっている場合があります。

オプションの場合、検討の余地ありです。

 

搭乗者傷害保険

被保険自動車の事故により運転者や同乗者が死傷したとき、 入院・通院日数、または部位症状別に定額の保険金が支払われます。

 

定額のため超過医療費が自己負担になります。

不要です。

 

車両保険

自分の車の修理費を補償する保険です。

不要です。

 

車両保険がなぜ不要か

  1. 車対車の事故のときに過失割合がないなら、相手の保険から補償してもらえます。
  2. 修理代より保険料が高くなる場合が多いです。

〈軽い事故の場合〉

保険を使えば、等級が下がり修理費以上に保険料が上がります。

〈全損事故の場合〉

新車の価格の保険金は出ません。

車の時価額は毎年下がっていきます。毎年約20%ずつ減価償却されていくと考えるのが一般的です。

 

保険を使えば、保険料が上がって、後払いで修理費を払っているようなかたちになります。

 

自動車保険会社の選び方

車を購入した販売店に紹介された保険は、仲介料や人件費が含まれるため、割高な場合が多いです。

ネットの保険であれば代理店を通さないため、安いです。

 

おすすめの選び方は、ネットで一括見積し、一番安いプランを選びます。

その際、電話番号や住所を入力させられますが、適当に入力し、新しく作ったフリーメールで登録します。

メールで受信した一番安いプランのところで本契約すればOK。

 

まとめ

無駄な補償つけてませんでしたか?

年齢によっても安い保険会社のプランは変わりますので、度々見直すことをおすすめします。